夢ノート

 今まで夢を見つける方法をご紹介してきましたが、かなえたい夢が見つかりましたか?
 このページからは、いよいよ夢をかなえる実践編です。
 頑張っていきましょう。 

かなえたい夢リスト

  • 夢をかなえたい。
  • 夢をかなえる方法が知りたい。
  • 夢ノートを作りたい。
  • 自分磨きをしたい。


夢ノートを作ろう

 日々の暮らしの中の夢、たくさん見つかりました。
 でも、夢を実現しようと思っても、何から手をつけたらいいかわからない!!
 そんな方も多いのではないでしょうか?

 今回は夢ノートというツールを使って、夢の実現に一歩近づきたいと思います。
 夢ノートは「私の夢3ステップ」のページでご紹介しました。
 今からこの夢ノートを使って、夢を具体化・細分化していきます。
 では、さっそくはじめましょう。


 まずはじめに、作った夢リストやファイルを見直してみましょう。
 その中から今すぐにかなえたい夢を1つ選びます。
 夢ノートに、見出し(タイトル)としてその夢の名前を書きます。

 ここでは「英検1級に合格する」という夢を例に取り上げます。
 タイトルは「英検1級に合格する」になりますね。


 次に、その夢をかなえるためには、どうしたらいいかを考えてみます。

 英検1級というと、難しくて、やる前から挫折してしまいそうですね。
 合格するためには、やるべきことがたくさんありそう…。
 イメージ的に実感が湧かず、まだまだ漠然としています。

 何から手をつけていいのかわからない…。

 そんな理由から、夢のままで終わっている方も多いのではないでしょうか?
 そこで、この英検1級という夢をもっと細かく具体的にしてみます。

 英検1級に受かるためには、何をしたらいいでしょうか?

 そう、とりあえず試験を受けてみることですね。 −夢@
 他にも、

 ・リスニングを毎日2〜3時間する。−夢A
 ・過去の問題集を解いてみる。−夢B
 ・苦手なところを克服する。−夢C
 ・長文読解のスピードを上げる。−夢D
 ・英会話力を身につける。−夢E

 など、やるべきことが見つかるはずです。

 これが夢の具体化・細分化です。
 英検1級に合格するという大きな夢を、もっと細かく、具体的にしました。
 1つの夢が全部で7つになってしまいましたね。 o(^-^)o
 夢@〜Eは図にしたり、リスト化したりして、夢ノートに記入しましょう。


 わかりやすく夢ノートにまとめることができましたか?
 では、次のステップに行きましょう。

 英検1級という大きな夢。
 その夢をかなえるためには、先ほど書いた6つの夢をかなえる必要があります。
 ここで6つの小さな夢を1つずつ見てみましょう。

 夢@はほんの少し勇気を出せば、すぐにかなえてしまうことができる夢です。

 もちろんいきなり合格でなくても大丈夫。
 受けてみるというのが夢@なのですから。

 自信がない…

 と、ずっと後回しにしていると、今自分がいる位置(レベル)もわかりません。
 レベルがわからなければ、次にすべきこともわからなくなってしまいます。
 まずは、思い切って受けてみることにしましょう。

 もし、頑張って試験を受けることができたら、勇気を出した自分を思いきりほめて
あげましょう。
 夢@がかなったのですから、自分にご褒美をあげるのもいいですね。

 夢@をかなえることができたら、次にやるべきことがたくさん見つかります。

  ・時間が足りなかったから、もっと問題を早く解けるように練習しよう。−夢F
  ・ボキャブラリーが足りないから増やそう。−夢G
  ・長文に出題されるような内容の知識を増やそう。−夢H

 など、新たな夢が見つかります。
 これらを1つずつかなえていけば、どうなるでしょう?

 そう、その先に、英検1級合格という大きな夢の実現が待っています。

 ここでは英検1級を例に取り上げましたが、どんな夢でも同じ作業をします。
 あとは、この具体化・細分化したことを1つ1つ実行していくだけです。


 大きな夢は小さくするとかなえやすくなります。
 たとえば、過去の問題集を解いてみるという夢Bも、すぐに実行できそうですね。
 

 小さな夢も、達成できると、とっても嬉しいもの。
 その嬉しさが次の1歩を踏み出す勇気をくれます。

 小さな夢を1つずつクリアしていけば、必ず大きな夢もクリアすることができます。
 地道な作業ですが、1つ1つ実行していくことが大切です。
 今できることを見つけて、少し努力してみましょう。


 素敵なお花も、種まきをしないと、芽を出し咲くことはありません。
 夢の種はしまっておかずに、どんどんまきましょう。
 キレイなお花が咲くことを信じて。
 いつか必ず大きな夢がかなうことを信じて。


CONTENTS


LINKS