私の夢3ステップ

 夢を実現するためには、夢を書くことが大事です。
 書くことの効果はまたご紹介するとして、ここでは私の夢の書き出し方をご紹介します。  

かなえたい夢リスト

  • 夢の書き方が知りたい。
  • 他の人が考えていることが知りたい。
  • 夢についてもっと考えたい。
  • 夢を実現するために、何をしているかが知りたい。


夢を書き続けよう

 今回は私の場合を例に挙げて、夢のある暮らしについてご紹介したいと思います。


 もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、私はメモ魔です。
 日常的に、いろいろなことをよくメモしています。

 もちろん、夢も同じ。
 思い浮かんだらすぐ、必ず書くようにしています。


 私は夢を3段階のステップで書き出しています。
 使うツールはスケジュール帳ルーズリーフ夢ノートの3種類です。


 <スケジュール帳>
 スケジュール帳はいつも持ち歩いて、思いついたときに夢をメモするようにしています。
 夢の落書きの段階ですね。

 夢はふとした瞬間に、どんどん浮かんできます。

 ・街でステキな人を見かけたとき。
 ・外食して、おいしいものを食べたとき。
 ・移動中にラジオを聴いたとき。

 など、いろいろな場面で、パッとひらめいてきます。
 せっかくのアイデアも、度忘れしてしまったら、あとで思い出すのが大変。
 他のことをして忘れてしまわないように、その場で書くようにしています。

 みなさんも、気がついたときにその場でメモをするようにしましょう。
 びっくりするほど、たくさんの夢を書くことができますよ。

 私はスケジュール帳を使っています。
 でも、自宅など、スケジュール帳を持ち歩かないときもあります。
 そんなときは、近くにある紙にメモをして、あとで夢ボックスに入れておきます。

 夢ボックスというのは、単なるメモ入れです。
 ステキな菓子箱など、気に入ったものを使うと、宝箱という実感がしていいですね。


 <ルーズリーフ>
 スケジュール帳やメモは、あくまでも夢の落書き。
 そのままでは、あとでどこに何を書いたのかわからなくなってしまいます。

 夢をかなえるためには、ひと目見てすぐにわかるほうが断然、効果があります。
 そこで、時間があるときにルーズリーフに書き写して整理するようにしています。
 これが夢の書き写し、カテゴリ分けの段階です。


 ルーズリーフを見れば、今、自分の夢がいくつあるのかがすぐにわかります。
 カテゴリ別になっているので、どんな夢が多いのかもひと目でわかります。
 思いつくままに集めた夢をリストにすることで、より見やすく、わかりやすくなります。


 <夢ノート>
 最後は夢ノートです。

 夢ノートでは、夢1つ1つをより具体化し、どうやってかなえるかを考えています。
 絵や図にしたり、メモリーツリーにしたり、色分けをしたり…。
 自分なりにさまざまな工夫をしています。

 この夢ノートに関しては、また別のページで詳しく書き記しますね。

 
 どうでしょう?
 私がどれだけメモ魔かわかったでしょうか? (笑)
 
 何度も何度も書き写すことは面倒だと思われるかもしれません。
 でも、私にとってはベストなやり方になっています。
 

 夢をかなえる方法は人それぞれです。
 みなさんももし興味がわきましたら、実践をしてみてください。
 もちろん、ご自分なりのオリジナリティーを出してくださいね。
 きっとその方が夢がかないやすくなるはずですから。