仕事【福祉】

 今回の夢のお仕事は福祉関連の職業です。
 高齢化が進む中、特に必要とされている分野です。

 この仕事に就く方は、細やかな気配りと優しさ、我慢強さ、ボランティア精神が必要です。

 労働条件等、まだまだ改善を必要とする職業ですが、需要が大きく、必要とされている仕事です。

かなえたい夢リスト

  • どんな仕事があるか知りたい。
  • 福祉関係の仕事に就きたい。
  • 両親の看護に役立つ知識を身につけたい。
  • 悩みを持つ人の力になりたい。
  • 人の役に立つ仕事を見つけたい。
  • 困っている人を助けてあげたい。
  • 職業に就くために、どんな資質が必要か知りたい。


福祉関連の仕事

職業 仕事内容
社会福祉士
ソーシャルワーカー
福祉の相談に乗ります。
福祉系の大学で指定科目を勉強し、社会福祉士の資格を取得します。
ケアマネージャー 介護支援専門員ともいいます。寝たきりや認知症などで介護を必要とする人、その家族からの相談に応じ、適切な介護サービスを受けられるよう、個々の事情に合っ たケアプランを作成、その後のフォローをします。各関係機関との連絡・調整も行います。
ホームヘルパー 高齢者や身体・精神に問題を抱える人の自宅を訪問し、介護や家事の手伝いをします。
養成研修を受け、ホームヘルパーの資格を取得します。
介護福祉士 日常生活に支障がある人の入浴・排泄・食事の介護をし、家族に介護指導をします。
介護福祉士の養成施設を卒業し、登録します。働きながら通信教育講座を利用する方もいます。
介護トレーナー 介護予防運動など、若々しい人生を歩むための体力づくりを提案します。
重度訪問介護従業者 常時介護を必要とする重度の肢体不自由障害をもった人に対し、入浴、排泄、食事の介護をしたり、外出時の移動の介護を行います。重度訪問介護従業者は身体介護、家事支援、外出介護といった区分なく、利用者の必要に応じて総合的に介助をします。
社会福祉士 身体や精神に障害を持つ方の相談に乗ったり、指導を行ったりします。
厚生労働大臣の指定を受けた(財)社会福祉振興・試験センターが実施する試験に合格し、登録します。
ケアワーカー 日常生活をおくるのに不都合がある人に補助や介護を行います。
公立施設で働く場合は、一般行政職の公務員試験に合格します。また、介護福祉士の資格を持っていると有利です。
ガイドヘルパー 重度の障害者や要介護者の外出に付き添います。
都道府県の研修を受け、ガイドヘルパーの資格を取ります。
手話通訳士 手話を使って通訳をします。
聴覚障害者情報文化センターが実施する手話通訳士試験に合格します。
精神保健福祉士 精神科の分野でソーシャルワーカーとして働きます。精神に障害を持つ人やその家族が抱える生活上の悩みなどの相談にのり、社会復帰に関する助言、指導を行います。日常生活への適応に必要な訓練の実施、関係機関との連絡調整、各種給付制度の案内など、仕事内容は幅広くあります。
医療ソーシャルワーカー 患者や家族が安心して治療をすすめられるように相談にのり、ほかの職員や患者に必要な機関との連絡や調整を行います。
福祉系の大学や短大で学び、社会福祉主事任用資格を取得。病院や診療所、保健所、介護施設などに就職します。
福祉の公的施設で働く 日常生活を送る際に困っている人のさまざまな相談に対応し、援助を行います。
公務員試験に合格します。
福祉関連の企業で働く 車椅子やポータブルトイレ、介護ベッドなどの介護用品の販売やレンタルを行います。
福祉系の学校で勉強したり、福祉に関わる資格を持っていると有利です。
介護保険事務 介護保険に関する事務処理を行います。介護保険制度の仕組みや介護医療に関する知識をもち、給付管理業務や介護報酬請求事務などの事務処理にあたります。
車いす等・姿勢保持技術者 その人にあった車椅子を作ることで、社旗w生活を応援します。
福祉住環境コーディネーター 福祉や医療、住宅改修の専門知識が必要です。高齢者や障害者が快適かつ安全に自立した生活ができるよう住環境整備を提案します。車椅子でスムーズに移動できるよう室内の段差をなくしてバリアフリーにしたり、浴室やトイレなどに手すりを設置したりといった提案をします。

Pick up !

 少子高齢化社会で、もっとも必要とされているのが、福祉関連のお仕事に就く方です。
 まだまだ労働条件は厳しく、決して楽な仕事とは言えません。
 時には心が折れてしまいそうなときもあるでしょう。
 そんなときは、体験記などを読んで、エネルギーをいただきましょう。
 あなたのほかにも、悩み頑張っている方がたくさんいます。