仕事【行政】

 いろいろな不祥事が出回る中、世の中を自分が変えてやる! そう考える方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 今回の夢のお仕事は、議員などの政治関連のお仕事です。
 国民の代表として働く、誇りのある仕事です。

 政治関連のお仕事に就く方は、常に国民の声に耳を傾け、代表として選ばれたという意識を
持ち、初心を忘れないことが必要です。
 忙しく、ストレスの多い職業ですが、日本の未来がこの職業に就く人の肩にかかっていると
言っても過言ではありません。

 責任感があり、人の幸せを願うボランティア精神のある方が向いています。

かなえたい夢リスト

  • どんな仕事があるか知りたい。
  • 政治家になりたい。
  • 総理大臣になりたい。
  • 日本の未来を明るくしたい。
  • 自分の手で、日本を良くしたい。
  • 人の役に立つ仕事がしたい。
  • 国を動かす大きな仕事がしたい。
  • 職業に就くために、どんな資質が必要か知りたい。


行政関連の先生

職業 仕事内容
国会議員
(衆議院議員)
国民の代表として、国会でいろいろな政治のことを話し合って決めます。衆議院議員の任期は4年で、25歳以上の人に被選挙権があります。
衆議院議員選挙に立候補し、当選を目指します。
国会議員
(参議院議員)
国民の代表として、国会でいろいろな政治のことを話し合って決めます。参議院議員の任期は6年で、30歳以上の人に被選挙権があります。
参議院議員選挙に立候補し、当選を目指します。
地方議会議員 地方公共団体の議員として、議会で政治のことを話し合って決めます。任期は4年で、25歳以上の人に被選挙権があります。
選挙に立候補し、当選を目指します。
知事 都道府県の首長として、議会で話し合って決めたことを実行します。都知事・道知事・府知事・県知事があります。任期は4年で、30歳以上の人に被選挙権があります。
知事選挙に立候補し、当選を目指します。
市町村長 市町村の首長として、議会で話し合って決めたことを実行します。市町村長は、町長・村長・区長の総称です。任期は4年で25歳以上の人に被選挙権があります。
市長選挙に立候補し、当選を目指します。
公務員(国家) 国の省庁などに勤めます。国会で決まった法律や政策を実行するために、具体的な方法を考えて決めます。
大学を卒業後、国家公務員試験T種・U種・V種を取得します。
公務員(地方) 都道府県や市町村の役所や役場で働きます。生活相談や福祉活動、公共施設の運営など、住民の暮らしを助けます。
各地方公共団体ごとに異なりますが、多くは上級(T類)、中級(U類)、初級(V類)に合格し、採用試験を受けます。
外交官 外務省に勤めて、ほかの国々とさまざまな交渉をします。
国家公務員T種試験、あるいは外務専門職員試験に合格し、外務省に入って研修を受け、外務省・海外の大使館・総領事館などに配属されます。
外務公務員 政策決定に関わる課長・局長・次官などの幹部職員候補。大使館などで、総領事としての仕事をします。
大学・専門学校を卒業後、国家公民試験T種に合格します。また、外務省や大使館で仕事をする場合、外務省専門職員採用試験を受けます。
国会議員秘書 国会議員を助けるサポート役をします。国から給与が出る公設秘書と直接契約をする私設秘書がいます。
高校・大学・短大を卒業後、国会政策担当秘書の試験に合格をします。私設秘書は、高校・大学・短大を卒業後、議員と直接契約をします。
国連職員 ニューヨークに本部のある国連や国連に関係のある専門機関で働きます。人々の平和や国の発展のために何をしたらいいかを考え、実行します。
大学卒業後、専門分野で2年以上経験を積み、国連職員採用競争試験を受けます。または、大学院を卒業後、アソシエート・エキスパート試験に合格します。
労働基準監査官 労働省や全国各地の労働基準局・労働基準監督署で、労働条件の改善のために働きます。
労働基準監督官採用試験に合格します。

Pick up !

 政治に関するお仕事に就くためには、たくさんのことを学ばなくてはいけません。
 幅広く、知識を得ましょう。
 必ず、将来役に立つはずです。