夢のある暮らしHome > 夢のお仕事 > 仕事【火・煙・炎】

仕事【火・煙・炎】

 今回のお仕事は、火山学者や消防官、花火師など、火・炎・煙に関する職業です。
 特殊な世界なので、あまりなじみがないかもしれませんが、直人として頑張って働いている人たちがいます。

 技術を要する仕事なので、興味のある方は構成のためにも頑張って挑戦してほしいですね。 

かなえたい夢リスト

  • どんな仕事があるか知りたい。
  • 人々を楽しませるお手伝いがしたい。
  • 日本の伝統を守りたい。
  • 火事が起きないように働きかけたい。
  • 自分に合う仕事を見つけたい。
  • 気になる仕事について調べたい。
  • 職業に就くために、どんな資質が必要か知りたい。


火・煙・炎関連の仕事

職業 仕事内容
火山学者 火山の噴火を観測したり、研究したりします。
消防官 消防活動や各種の災害対策・救助、火災・災害予防のための指導や規制、防災活動などを行います。
採用試験に合格し、消防学校に入学。消防の基礎知識・技術・体力を身につけます。その後、国家資格を取得し、各消防署に配属、経験を積みます。
花火師 花火を製造し、打ち上げます。
花火製造会社に勤め、日本煙火協会が発行する資格を取得します。
ロウソク職人 伝統的手法でロウソクを手作りします。
ロウソク職人に弟子入りをして、学びます。
特攻屋 テレビ・映画・イベントの視覚効果などの特殊効果を担当します。
特殊火薬効果など火を扱う場合は、煙火従事者の資格が必要です。特殊効果を業務とする会社に勤め、資格を取得します。
発砲技士 建物や道路を造ったり、採石のために、ダイナマイトなどの火薬を使って山などを切り開いていきます。
安全衛生技術センターが実施している試験に合格します。

Pick up !

 火・炎・煙関連のお仕事は、特殊な技術を必要とする職業です。
 体力・技、どちらも日々の修業が大事。
 コツコツと努力を続けていきましょう。